· 

カウンセリングを受ければ本当に私は変われるんですか?みんな結局どうなるんですか?

 

「カウンセリングを受ければ、本当に私は変われるのでしょうか?」

 

「みんなどんなふうに変わるんですか?」 

 

カウンセリングをしていると、こんな質問をよく受けます。

 

例えば、性格的に自信がなくて仕事を断るのが苦手な人が、変わりたくてカウンセリングにくる。

 

その人にとってのゴールは、「仕事が断れるようになって、もっと早く家に帰ること」

 

そのために、カウンセリングを続ける。

 

長い人は年単位でくる人もいる。

 

そんな中で、課題をどう解決するか、解決の形って本当に人それぞれで、無数に存在します。

 

例えば、カウンセリングの中で断りかたを学び、コツをつかんで断れるようになる。

 

解決ですよね。

 

または、ちょっとしたきっかけで人間関係が劇的に楽になり、仕事が断れるようになる人もいる。

 

「断ることができるようになった」という目に見える解決は、イメージしやすいかと思います。

 

一方で、「断れない」けど解決という人もいるんですよ。

 

イメージしにくいと思うので、実例で紹介します。

 

その方はカウンセリングに来て一年近く経っていました。

 

毎回、職場のこと、家族のことなどを話し、そこでの自分の気持ちを振り返り、整理していく。

 

そんなことを毎月やっていました。

 

そろそろカウンセリングに来て一年になるなという頃、その方がこんな話をしてくれました。

 

相変わらず、今日も受けなくていい仕事を振られて、引き受けてしまいました。

 

前よりは断れるようになってますけど、引き受けやすい私の癖は変わってませんね。

 

断ると相手にどう思われるのか、やっぱり不安なんですよ。

 

でも、聞いてくださいよ。前は断れないことに対してすごく自分を責めていました。あーあ、またダメだったかー、いつも私はこうなんだって。

 

今は違うんですよね、なんか。

 

あー、私は変わらないんだな。これでも今までちゃんと生きてきたし、友達もいるし、こんな私と付き合って生きていくんだな。

 

こういうふうに考えるんですよね。前みたいに自分を責めなくなって。私は変わってないけど、でも、変わらないことを受け入れられるというか。

 

楽なんですよー、なんだか。

 

ここまで。

 

「断れない」けど、解決。

 

わかりますか?

 

変われない自分にOKを出せるようになった。

 

変われない自分を許せるようになった。

 

行動は変わってないけど、感じ方は変わった。

 

これもひとつの解決の形なのです。

 カウンセリングのゴールって、カウンセラーが設定するのではない。

 

もちろん提案することは多いですけどね。

 

基本は、相談をするあなた自身に解決の形があるのです。

 

変われない自分に苦しんでいる人が、変われない自分を受け入れられるようになる。

 

すごいことです。

 

結局、悩みを解決するのって、カウンセラーではない。

 

 

悩んでいる本人の力によるんだな、と毎回思いますね。